■プロフィール

かりや

Author:かりや
                       【2007年11月】30代後半、既婚・子供無し。2007年7月新築マンション購入で総額2,500万程のローンを背負っているにもかかわらず、最近、疲れからか会社を辞めたいと考えています。給料が下がっても構わないので残業の無い仕事をして、ローンはFXのスワップで賄うことを目標にしています。

【2012年 9月】40代前半の今、早期リタイアを目指しています。

【2012年10月】ブログの趣向を全く変え、退職への道のりをゆるやかに綴る事にしました。

【2014年4月】公開日記に変更。

【2016年6月】中年無職の悲惨な生活を記す為、ブログ再開。不定期更新。

【2016年12月】再び働き始める。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■フリーエリア

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
モーニングショー...
某社員コメンテーター及び某大学教授、ともに手を変え品を変え?同じことを繰り返し言っているだけに見えてきた。

全数検査実施の上、陽性者は隔離。陰性者は普通に経済を回してもらう。

この結論ありきでコメントしている。毎日。

素晴らしい方策だとは思うが、全数検査に近いことができたとして、無症状の陽性者はちゃんと隔離出来るのか。国民はそれに応じるのか?

子供も自宅療養では意味ないのだろうから、ホテルもしくは番組の提唱するさいたまスーパーアリーナ隔離所にきちんと隔離するんだろうな?あと、感染者の追跡対策(隔離からの逃亡、外出防止対策)等、人権に踏み込む強制の部分もセットでないと。

そこまで.言及出来たら少し見直す。




その他 | 23:32:15 | Trackback(0) | Comments(0)
抗体検査
モーニングショー。

新型コロナウイルス抗体検査の結果、0.6%がすでに感染していたことが判明。

これについて、99.4%が感染していない→日本人はほぼ感染していない、本当の流行はこれからやってくる。欧米に比べて死者数が少ないのも感染していないからだ、秋冬の感染爆発に備える事が重要、との某大学教授のヒステリックな発言があった。正に自分の主張を裏付けられるような結果に我が意を得たり、といった様相。

なるほど、言っていることは正しいように見える。大量検査大量隔離も理屈的にはよくわかる。

何か変だな...色々批判がある中、感染防止の為国一丸となって努力してきたここ数か月は無駄だったのか?もっと感染者を欧米並みに増やして抗体を持った方がよかったのか?それに伴う死者数増も仕方のない事として受け入れるべきだったのか?

もう少し日本の感染症対策の途中経過について、他国との比較の中で日本の優れているところを整理して情報発信してもいいと思う。余りにも日本を貶め過ぎだろう、流石に。

ま、所詮ワイドショー。責任なんて無いんだろうし、好き勝手やってればいいか。





その他 | 22:14:34 | Trackback(0) | Comments(0)
モーニングショー
ここ数日はのっけからPCRPCR、とにもかくにもPCR検査を増やせ増やせ倍増10倍増しろとか騒々しい。

欧米や韓国はこんなにやってるのに日本はいまだに云々...3か月前からずーっと言い続けてきたのにこの体たらくは何なんだ、等々。終いには政府は無能で締めくくったり言いたい放題。

検査を大量に行って死者が減らせればいいが、米英仏伊スペイン等、膨大な死者を出している。

マスコミが持ち上げるドイツでさえ7,000人を超える死者数。医療崩壊せず、他国からの患者も受け入れるほど体制は充実しているらしい。首相の演説も大絶賛。

これは...7,000人死んでも許容範囲ということなのか?現時点でドイツの1/10の死者数に抑えている日本がドイツに学ぶべきことは検査数ぐらいではないのか?

番組では日本の死者数の話になると、未検査の肺炎死者がかなりいて計上されていないとか超過死亡を見ないと判断出来ない等、日本の死者数は実態を現していない、との論調で手短に話を済ませてしまう。これを聞いて医療従事者は腹立たしく思わないだろうか?

まあある意味面白い番組ではある。これを見ていると他のワイドショー的な番組が生ぬるく見えてくるし。どのような形でこの暴走っぷりが収束して行くのか、暫く見ていこうと思う。



その他 | 21:12:14 | Trackback(0) | Comments(0)
PCR検査
モーニングショー見ていると、日本はPCR検査数が少な過ぎるので実態がわからないという論調ばかり。

検査数が少ないから感染者数、死亡者数いずれも実態を現していない→こんな少ない訳がない。韓国、ドイツ並みに検査やれと騒ぎまくる。

死亡者数が6,000人を超えようとしているドイツを見習えというのは普通に考えておかしいと思うのだが...見習うのは検査体制だけか。

韓国の、公衆保健医による大量検査・徹底した感染者監視システムを見習え、と具体的な提案をすれば感心するが、徴兵制・北朝鮮スパイ対策の副産物的な政策など日本が見習えるとは思えない。

民間の検査会社にやらせれば解決するとしか言わないので毎日同じ事を言ってるようにしか見えず、ある意味日常的になってしまっている。また言ってるよ...みたいな。


その他 | 23:03:48 | Trackback(0) | Comments(0)
モーニングショー
丁度始業前に見る時間があるので平日は毎日モーニングショーを見ている。

連日コロナ関連に特化した番組編成。

これでもか、どうだと言わんばかりに恐怖感を煽りに煽りまくる内容。

政府の対策を叩きまくり、視聴者を恐怖と絶望のどん底に陥れる事に主眼を置いているようだ。

まあこれで視聴者が恐ろしくなって家に閉じこもるならそれはそれでとてもいい事だと思う。

外出自粛という政府方針をある意味強力に推進してくれているのだから。





その他 | 22:43:23 | Trackback(0) | Comments(0)
新型コロナウイルス
肋骨のひびはだいぶ良くなってきた。日常生活で痛みを感じる事は殆ど無い。

ただ仕事ではまだ恐怖感がつきまとう。無理するとまたひびが入るのではないか...この感覚が自然に無くなり仕事が出来るようになった時が完治というところか。

ここ1ヶ月ぐらいはウイルス関連の情報を追いまくっている。素人ながら、ある程度詳しくなったつもりでいる。今時点の自分の理解を整理しておこう。

・日本の対応…感染のピークを抑えながら重症患者の治療・回復に重点を置く。戒厳令的な措置は取らず通常の経済活動を容認。手洗い・消毒励行、マスク着用、密閉・密集・密接状態回避徹底。中国・欧米的な封鎖措置を取らないのは緩やかに感染させて集団免疫を得られるようにしていると思っている。ワクチンが出来るまで耐えるしかない。

・自分の対応…既に無症状感染者であるという自覚を持って行動する。感染させない為にはどう行動すればいいのか自ずとわかってくる。

今はとにかく、感染爆発→重症者多発→医療崩壊を避ける為に、自分に出来る事をやって行こうと思う。




その他 | 16:50:03 | Trackback(0) | Comments(2)
肋骨ひび経過
鎮痛剤処方及びX線撮影の為、3/12通院。

画像診断結果、変なくっつき方はしていないとの事。

現在、普通に生活する分には痛みはほぼ無いが、仕事で重量物はまだ持てない...というか怖くて持てない。

3月一杯は無理しないようにしておこう。

その他 | 23:22:39 | Trackback(0) | Comments(0)
いつ治るのか
2/25に通院して以来、入浴時以外バストバンドで左肋骨を固定している。

仕事は重量物を持たない作業をしている。ひびが入ってるとわかり、怖くてそもそも持てない。

患部を庇う動作の為、他のところ、特に腰が痛い。体全体が疲れる。

大きく息を吸い込む、ストローで少なくなった飲料をすする等の動作時に患部の痛みが出る状態。まだまだかかるんだろうな...。

その他 | 14:44:10 | Trackback(0) | Comments(0)
整形外科
仕事を休んで整形外科へ行ってきた。

X線撮影の上、受診。結果、左の肋骨にひびが入っているとの事。

バストバンドなる固定具で左胸下~脇腹辺りを固定、鎮痛剤・湿布を処方される。

聞きそびれたが、全治1ッヶ月ぐらいか...当分の間、重量物は持てないというより持って悪化するのが嫌だから満足に仕事できないな...。

結石がひとまず落ち着いたのに間を置かずに今度は肋骨にひびか...勘弁してくれ...。




その他 | 20:41:32 | Trackback(0) | Comments(0)
肋骨
2/5に結石が排尿され、このまま健康を維持していこうとした矢先、やってしまった。2/13朝、仕事中に左脇腹〜あばら骨辺りを強打。
その日の内は痛みは余り無く、経過観察。仰向けになったり、ある一定の動きをすると少々痛みがある程度で仕事は普通に続けていたが、2/21午前が終わった段階で痛みが増してくる。その日は何とか大過無く過ごすが、今日現在、痛みが継続。特に屈む姿勢がきつい。背筋を伸ばしていると比較的楽。整形外科か今度は...中々健康な体に成れずストレスが溜まる。

その他 | 22:15:01 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ