■プロフィール

かりや

Author:かりや
                       【2007年11月】30代後半、既婚・子供無し。2007年7月新築マンション購入で総額2,500万程のローンを背負っているにもかかわらず、最近、疲れからか会社を辞めたいと考えています。給料が下がっても構わないので残業の無い仕事をして、ローンはFXのスワップで賄うことを目標にしています。

【2012年 9月】40代前半の今、早期リタイアを目指しています。

【2012年10月】ブログの趣向を全く変え、退職への道のりをゆるやかに綴る事にしました。

【2014年4月】公開日記に変更。

【2016年6月】中年無職の悲惨な生活を記す為、ブログ再開。不定期更新。

【2016年12月】再び働き始める。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■フリーエリア

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大東亜戦争その3
一か月以上、間が空いてしまった。どこまで書いたか...南京攻略戦か。

面倒くさいので、所謂「南京大虐殺」について、自分の見解を箇条書きする。

・いわゆる「南京大虐殺」は無かった。

・極東軍事裁判(所謂「東京裁判」)にあたり、連合国側が作った捏造。

・何故捏造したか:米国による本土空襲とその後に続く二度に渡る核攻撃
           (原爆という言葉は今では軽すぎると思うので使わない)
           それらの民間人無差別大量殺戮のバーターとして、
           人口がちょうど30万ぐらいの当時の首都・南京に着目。
           南京市民を帝国陸軍が皆殺しにした事にして、相殺。
           明白な戦時国際法違反を行った米国は、中華民国と
           連携して、いわゆる「南京大虐殺」をでっち上げ。
           南京市内を行進・治安維持しただけの帝国陸軍が、
           30万人を皆殺しにした事にして、自らの戦時国際法違反を
           覆い隠そうとした。

・無かった理由:何故30万人の人間を殺す必要があるのか。そんな事を行えば、
          当然住民並びに軍服を脱ぎ捨てて民間人になりすました中国兵の
          反撃に会い、帝国陸軍も無意味な戦闘を行わざるを得ない。
          30万を皆殺しにするには、相当な労力と弾薬、燃料他、物資の消耗に繋がる。
          そんな無駄かつ無意味な事を行って、戦略上なにかいいことがあるのか?

疲れたので今日はここまでにする。

その他 | 07:26:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。