■プロフィール

かりや

Author:かりや
                       【2007年11月】30代後半、既婚・子供無し。2007年7月新築マンション購入で総額2,500万程のローンを背負っているにもかかわらず、最近、疲れからか会社を辞めたいと考えています。給料が下がっても構わないので残業の無い仕事をして、ローンはFXのスワップで賄うことを目標にしています。

【2012年 9月】40代前半の今、早期リタイアを目指しています。

【2012年10月】ブログの趣向を全く変え、退職への道のりをゆるやかに綴る事にしました。

【2014年4月】公開日記に変更。

【2016年6月】中年無職の悲惨な生活を記す為、ブログ再開。不定期更新。

【2016年12月】再び働き始める。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■フリーエリア

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
再び働く事に
12月1日より再び働く事になった。

約4年振りの労働。初出勤の前日、色々な不安が湧き上がった。どのような仕事なのか、人間関係の構築は上手くできるだろうか、体力的について行けるだろうか等々。40代後半になっても心配性は直らない。むしろ酷くなっているような気もする。

就寝時間が近づくにつれ、懐かしい?あの感覚が蘇ってきた。正社員として働いていた頃、毎日のように感じていた「寝たら終わり」。寝て起きたら会社に行かなくてはならない。寝たらもうお終い。いくつになっても嫌な感覚だ。

諦めて寝床に着いても度々目が覚めてしまう。時計を見ると午前3時や4時、5時など。後何時間寝れると同時に後何時間したら起きて会社に行かなくてはならない、と絶望的な気分を味わってしまう。目覚ましの音で起きるのが嫌なので時間よりも5分ぐらい早く起きるようにしている。時計を気にしながら横になっている状態が15分ぐらい続く...何とも言えない嫌な時間...。

遂に12月1日の朝が着てしまった。絶望の朝。無職の間はあれほど働きたいと思っていたのに、いざ働く事が決まればそれに対して絶望感を感じてしまう。いったい自分は何なんだ?無職の方が辛いとあれ程悩み、仕事探しをしていたのに...。

絶望の朝でもそれを味わっている時間は無い。わざとドタバタして気を紛らわし準備をして家を出る。通勤時間は約1時間。混んだ電車に乗ると老若男女、大勢の通勤・通学者がいる。皆よく耐えて職場・学校に行ってるなと感心してしまう。今の自分にとってはここにいる全ての人が「人生の先輩」に思えてならない。

色々な負の感情を抱きながら会社に向かう。新しい仕事はブルーカラーの仕事。現場の作業員と言っていいだろう。駅からかなり歩いた所に職場がある。

事前に説明を受けた通り、まずは守衛の人に自分がどこへ行けばいいか聞き、事務所へ向かう。

いよいよ始まってしまう...情けないけど逃げ出したい...本当に豆腐メンタルにも度が過ぎる。

この日の続きはまた後で書く事にする。







仕事 | 16:27:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。