■プロフィール

かりや

Author:かりや
                       【2007年11月】30代後半、既婚・子供無し。2007年7月新築マンション購入で総額2,500万程のローンを背負っているにもかかわらず、最近、疲れからか会社を辞めたいと考えています。給料が下がっても構わないので残業の無い仕事をして、ローンはFXのスワップで賄うことを目標にしています。

【2012年 9月】40代前半の今、早期リタイアを目指しています。

【2012年10月】ブログの趣向を全く変え、退職への道のりをゆるやかに綴る事にしました。

【2014年4月】公開日記に変更。

【2016年6月】中年無職の悲惨な生活を記す為、ブログ再開。不定期更新。

【2016年12月】再び働き始める。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■フリーエリア

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
会社からの通達
先週、会社から通達があった。

新型コロナウイルス対策として、宴席・会食・ゴルフを控えること。

従業員の感染事例も書いてあった。勿論個人情報は出てないが晒し者にする、という意気込みは感じた。

給料をもらう立場としては、会社側からこのような通達があると従わざるを得ない。もし「感染」者となったら職場の人間が濃厚接触者として扱われ、全面的消毒や最悪事業停止等の事態に発展しかねない。面倒は起こしたくないので色々な予定を諦める事にした。

ワイドショーを始めとするマスコミが散々新型コロナを「恐怖の伝染病」として扱い続けた結果、「コロナ恐怖症」が社会に蔓延してしまった。

結局感染症を制圧・克服する事なんて不可能なんだからこれまで発生したウイルス同様、共存して行く他ないと思う。モーニングショーで言ってる「21世紀型の感染症対策(大量のPCR検査と隔離)」で乗り切れるほど甘くは無いのでは...まあその対策自体実現にはハードルが高そうだが。

とりあえず指定感染症から外して医療関係者の負担を減らし、要治療者への治療が確実にできる体制を整えておくことと、社会に蔓延した「コロナ恐怖症」を排除していく事が大切かと。

アフターコロナ?New Normal?新しい生活様式?それで経済的に切り捨てられていく人達がどれ位いるか考えると、全くもって「コロナ恐怖症」は厄介。

テレビで言われている「新型コロナウイルス」という言葉を「風邪」に置き換えてみれば、その異常さが浮かび上がってくる。

特効薬・治療薬・ワクチンが無く、免疫力が弱っている人や高齢者が重症化すると死亡する可能性もあるが誰でも罹る「風邪」。

この「風邪」を人為的に封じ込めようとしている事の異常さ...まあ新型コロナが変異して強毒化するのなら強力な対策が求められるとは思うが...。





その他 | 15:46:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する